このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前Medium M4A3シャーマン
[添付]アメリカ
レアリティ★4
出撃数2
編成コスト2460
戦車タイプ中戦車
優先ターゲット司令本部
攻撃範囲単体
戦車紹介
 新たに開発したGAA液冷V型8気筒エンジンを搭載しており、
他のエンジンに比べ整備性や低速時のトルクに優れていた。

 

全長6.27(m)全高2.94(m)
全幅2.67(m)重量31.57(t)
最大装甲64(mm)乗員5人
懸架方式水平渦巻きスプリング・ボギー式
主砲75mm M3
副武装12.7mm M2

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
10671987062153

ゲームにおいて Edit

2017年8月2日〜8月16日の間に開催されたイベント「第3回バトルチャレンジ」において、マルチバトルを64勝達成することでこの戦車の設計図がもらえた。

元ネタ Edit

M4シャーマンの詳細はM4シャーマンを参考。

M4A3
それまでの航空機用エンジンの流用から、フォード社が戦車用に開発したGAA液冷V型8気筒エンジン(450馬力)を搭載しており、M4やM4A1の空冷星型エンジンよりも整備性や低速時のトルクで勝り、各エンジンの中で最も評判が良かったためアメリカ軍に主力戦車として優先的に供給された。大戦中に他国へ送られた台数は極めて少ないが、戦後に余剰となってからは大量に供与された。前面装甲が一枚板で湿式弾薬庫を持つ後期型車体が初めて採用され、デトロイト戦車工廠やグランド・ブランク戦車工廠で製造された。M4戦車系列としては後発であるためフォード社製造の前期型車体は比較的少なく(1,690輌)、 主に本土での訓練用に使われた。
部隊が前線に送られた際に装備された車輌の多くは後期型車体であり、ヨーロッパでは75mm、76mm砲型共に1944年秋頃から補充用として送られ、まとまった数での本格的な実戦参加はバルジの戦い、太平洋では硫黄島の戦いからであった。前期型車体も681輌がダックビル追加などのE9型改修を受け、後に一部が前線に送られている。75mm砲型は1942年6月-1945年5月までに4,761輌、76.2mm砲型は1944年3月-翌4月までに4,542輌、105mm砲型は1944年3月-翌6月までに3,039輌が生産。当初、75mm砲型が多く部隊配備されていたが、バルジの戦いでの苦戦の後、対戦車戦闘能力の高い戦車が求められた結果、引き渡しが中止された600輌もの余剰75mm砲型が兵器集積所にあふれ、76mm砲型の配備数が急増した。一方、太平洋戦域の陸軍・海兵隊には75mm砲型のみが送られている。イギリス軍名称は「シャーマンIV」だが、サンプルとして送られただけで、部隊配備はされていない。

Wikipedia日本語版「M4中戦車」より転載

コメントフォーム Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 元ネタに記述を追加しました。
    (出典:pixiv百科事典 M4シャーマン) -- 2017-08-09 (水) 12:30:33
    • 追記 -- 2017-08-09 (水) 17:53:14
      • より分かりやすくなっていますね。
        ありがとうございます。 -- 木主 2017-08-10 (木) 12:53:32
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-27 (水) 23:47:16