このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前
M4A2シャーマン_3D.JPGアメリカ
レアリティ★4
出撃数2
編成コスト2380
戦車タイプ中戦車
優先ターゲット司令本部
攻撃範囲単体
戦車紹介
M4の改良型。溶接車体に鋳造砲塔、GM製
6046直列6気筒2ストローク液冷ディーゼル×2基
を連結して搭載した。 

 

全長5.92(m)全高2.74(m)
全幅2.62(m)重量31.84(t)
最大装甲64(mm)乗員5人
懸架方式垂直渦巻きスプリング・ボギー式
主砲75mm M3
副武装12.7mm M2

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
10367787062150

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

M4中戦車の詳細はMediumM4A1シャーマンを参照。

M4の生産開始時から装備されていた空冷星型エンジンが、練習機増産の影響で供給力不足となることが予想されていたため代替エンジンが必要となり、民間トラック用にゼネラルモーターズ社が生産していたGM 6046直列6気筒2ストローク液冷ディーゼルエンジン2基を連結して搭載された。これは埃にやや弱いとの批判もあったが、1基が停まっても走行可能でトルクも空冷星型より強力であり好評だった。しかしアメリカ陸軍では使用燃料をガソリンに統一していたことから、生産量のほとんどが上陸用舟艇と燃料を共用できるアメリカ海兵隊(後にA3に更新)、およびレンドリース用としてイギリス軍と自由フランス軍で使用され、後には全てソ連向けに供与されるようになった。

ソ連軍では、T-34より故障が少なく操縦も楽で扱いやすく十分な戦闘力もあると報告された。「エムチャ(M4=エム・チトィーリェの略)」「シェールマン(シャーマンのロシア語読み)」と呼ばれ、目立つ車高や泥濘地での機動性、重心が高いため横転しやすいこと以外は大変好評であり、エリート部隊の親衛戦車連隊に優先配備された。また、砲塔上の12.7mm機銃(搭載車輌と未搭載車輌がある)は、瓦礫の陰などで待ち伏せるパンツァーファウストを持った敵歩兵を障害物ごと掃討したり、満州侵攻時に肉薄攻撃を仕掛ける日本軍歩兵に対しても有効であったとの証言もある。

対独戦線では1943年1月から部隊配備が始まり、ベルリン市街戦でもM4A2(76)Wの写真が多く見られる。なお、A2では75mm砲装備の後期型車体でも湿式弾薬庫タイプは無く、またこのタイプはアメリカ海兵隊とソ連軍でしか使われていない。また、フィッシャー社で生産されたA2の操縦席フードは、途中から鋳造型ではなく溶接組み立て型に変更されている。75mm砲型は1942年4月-1944年4月までに8,053輌が、76.2mm砲型は1944年5月-翌5月までに2,915輌が生産され、後者はうち2073輌がソ連に供与された。担当はブルマン・スタンダード社、グランド・ブランク戦車工廠、フェデラル・マシーン&ウェルダー社、アメリカン・ロコモーティブ社(少数)イギリス軍名称「シャーマンIII」。

コメントはありません。 コメント/戦車/★4/MediumM4A2シャーマン?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 22:37:04