このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前FCM2C
screencapture-pc-play-games-dmm-play-panzer-1501679086088_0.pngフランス
レアリティ★3
出撃数1
編成コスト1800
戦車タイプ重戦車
優先ターゲット指令本部
攻撃範囲範囲
戦車紹介
 FCM社が開発した超大型重戦車。70トンの車体を
動かすために、発電機とモーターを使用する
ハイブリッド駆動方式が採用された。

 

全長10.27(m)全高4.01(m)
全幅2.95(m)重量70.00(t)
最大装甲45mm乗員12人
懸架方式リーフスプリング・ボギー式
主砲75mm M1897
副武装8mm M1914

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
10964390042137

ゲームにおいて Edit

フランス、そして初の★3重戦車である。
重戦車はある程度防衛向きではあるがFCM2Cは例外である。
車体が細長く、施設にぶつかり身動きが取れないことがある。今の戦車AIだと一方的に撃破される可能性がある。
★3という事を差っ引いても柔らかく、火力も今一。重戦車が他にない、コストが厳しいということ以外ではあまり使わないほうがいいだろう。
しかも性能的にも同★3のIV号(D型)と単体同士で相互互換(イマイチ微妙に下位互換に近い)なので、バトルにおいてもIV号の方がコストも低く、2輌投入可能と、差は更に開く。

元ネタ Edit

シャール 2C(FCM 2C)は、第一次世界大戦中にフランスで開発された超重戦車であり、多砲塔戦車である。
なお、“シャール(Char)”とは元来はフランス語でチャリオット(英語では“Chariot”)、すなわち古代の戦闘用馬車のことで、転じて近代兵器としての戦車を指す。“Char 2C”とは正確に訳すれば「2C型戦車」という意味となる。

概要
シャール 2Cは第一次世界大戦中に計画・開発されたフランス初の実用型重戦車である。しかし、その計画には様々な困難と問題があった上、フランス軍には実用化の意思が薄かったため、第一次大戦中には完成しなかった。
戦後にようやく10両が生産されたが、より先進的な戦車が1920年代から1930年代を通して開発され、本車の兵器的価値はゆっくりと減少した。第一次世界大戦後に「戦車」というものの実用性と運用思想が固まっていく中で、明らかに旧式の思想で開発された本車には有用性が見出されず、もっぱら士気高揚のプロパガンダに利用されていた。
第二次世界大戦においてはすでに旧式化しており、実戦配備はされたものの、撤退に伴う輸送中に行動不能となって自爆処分され、戦闘を経験することはなかった。
本車は実用上必要な性能を達成して実用化されたフランス唯一の超重戦車となった。電気式駆動機構で実用化された数少ない戦車の一つであり、10mを超える車体長は実用戦車としては21世紀に至っても史上最大である。重量的にもある時点までは世界で最も重い戦車で、第二次世界大戦後期にティーガーII重戦車が開発されて実戦投入されるまでは、本車は世界最大にして最も重い戦車であった。

+  開発
+  構成
+  発展型
+  後継機
+  運用
+  第2次大戦での戦歴

Wikipedia日本語版「シャール 2C」より転載

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/戦車/★3/FCM2C?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-25 (月) 23:51:51