このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前III号A型
[添付]ドイツ
レアリティ★2
出撃数2
編成コスト1100
戦車タイプ中戦車
優先ターゲット司令本部
攻撃範囲単体
戦車紹介
 ドイツの主力戦車として開発した戦車。
懸架方式は垂直スプリング方式を使用していたが、
ストロークが短くすぐに底衝きしてしまい、発展型では改良された。

 

全長5.69(m)全高2.35(m)
全幅2.81(m)重量15.40(t)
最大装甲14(mm)乗員5人
懸架方式垂直スプリング方式
主砲3.7cm KwK
副武装7.92mm MG34

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
9443356133880

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

III号戦車(さんごうせんしゃ、Panzerkampfwagen III)は、第二次世界大戦のドイツの20トン級中戦車である。当初は生産が非常に少なかったが大戦中盤(1941 - 1942年頃)までドイツ戦車隊の主力であった。制式番号は Sd.Kfz.141、Sd.Kfz.141/1、Sd.Kfz.141/2。

概要
ドイツ国防軍が訓練用のI号戦車を造ったのち、きたるべき戦車戦術を考慮した主力戦車とすべく製造した中戦車である。
訓練用の戦車による演習やスペイン内戦(1936年7月 - 1939年3月)での実戦によってもたらされた戦訓により、現代戦車の基礎を形作るさまざまな新基軸と先進的な技術が投入された。新しい技術を採用して設計されたIII号が主力を務め、既に確立された技術のみで設計されたIV号戦車がIII号などの主力の支援を務めるという運用構想であった。1934年、陸軍はこの構想に基づいて戦車を開発することができる会社に重量15トン程度で設計にいくつかの条件を示した戦車を発注した。
15トン程度というのは当時の欧州における輸送の限界を考慮したものであり、陸軍としては20トン未満の中戦車を目指して設計されたが、最終的には20トンを超え、20トン前半の中戦車として完成した。20トン級の中戦車のなかではバランスのとれた戦車であり、製造当時の主力戦車としてはトップクラスであった。ところが、敵戦車として30トン級の中戦車(ソビエトのT-34、アメリカのM4中戦車)が登場し、対峙することになると火力不足に悩まされた。また、全ての期間において防御力に不安を抱える場面が多かった。 実際、重装甲の重戦車に対しては、当戦車に設定されていた攻撃力を上回るほどの防御力であったため歯が立たず、中戦車も対峙する戦車によっては、苦戦を強いられることとなった。それでも、本車が不利な状況下での戦闘を行えたのは、連携と指揮と戦術を下支えするさまざまな装備、配置の功績が大きい。
大戦中期には主力戦車の任務を果たせなくなり、改良も限界に達して生産は終了した。30トン級中戦車であるソ連赤軍のT-34や合衆国のM4と比較して、開発の期間が数年早かったが、大戦中の戦訓を反映できる余地がなかったことや75mm砲(特に長砲身型)の搭載まで考慮しなかったため、そのアドバンテージも早い段階で覆されてしまい、主力戦車として運用できた期間は短かった。

+  設計
+  歴史
+  バリエーション
+  派生型

Wikipedia日本語版「III号戦車」より転載

コメントフォーム Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 火力94、装甲433、射程880、速度56、連射133 -- 2017-06-08 (木) 02:03:48
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-25 (月) 18:09:18