このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前II号D型
[添付]ドイツ
レアリティ★2
出撃数3
編成コスト790
戦車タイプ軽戦車
優先ターゲット資源・娯楽
攻撃範囲単体
戦車紹介
 

 

全長全高
全幅重量
最大装甲乗員
懸架方式
主砲
副武装

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
1538775069533

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

狭羸鐚屬砲弔い[[II号A型>戦車/★2/II号戦車A型}}を参照。

1938年初め、兵器局は新編の軽師団向けに、偵察用高速戦車(Schnellkampfwagen)、秘匿名称LaS 138(農業用トラクター138型)の開発をダイムラー・ベンツ社に命じた。これは従来騎兵部隊が担ってきた強行偵察・追撃の任にあたるための快速の軽戦車で、標準型のII号戦車の40km/hの最高時速では不足と考えられたためである。
この新型軽戦車は、砲塔とエンジンは標準型II号戦車と共通だったが、車体は新設計で、そのレイアウトは、同じくダイムラー・ベンツが開発したIII号戦車に似ていた。足回りは大型の複列式転輪が片側4つで上部転輪はなく、ドイツ戦車としては初めてトーションバー・サスペンションとマイバッハVG102128プリセレクト式変速機を採用、F&S PF220K乾式多板クラッチと組み合わせていた。車体前面装甲は同時期の標準型II号戦車より厚く、30mmとなっていた。そのため車重も10トンと若干重かったが、高速走行に適した駆動系・足回りで、最高速度は55km/hに達した。
生産はMAN社で行われ、1938年5月から1939年8月にかけ、全43両が作られた。その後、この戦車には(標準型とは別設計であるにもかかわらず)、II号戦車D、E型(特殊車両番号121)(Panzerkampfwagen II Ausf D, E (Sd.Kfz.121))の制式名称が与えられた。D型は一般的なシングルピン型乾式履帯を履いていたが、後期に生産されたE型はドイツのハーフトラック系列に似た形状の湿式履帯で(ただし試作車両を除き接地面にゴムパッドは付かない)、これに伴い起動輪、誘導輪の(資料により転輪も)形状が変化していた。D、E型は生産数も残された資料も少ないが、特に湿式履帯を持つE型の写真等は少ない。その後、火炎放射戦車、自走砲用に車台が追加生産されたが、これらはほぼD型仕様の足回りを持っていた。
高速の偵察用車両として開発されたD、E型だったが、確かに路上最高速度は標準型を上回ったものの、不整地走行性能が期待を裏切り、少数のみで生産は打ち切られた。生産車は一個大隊を充足する数で、計画通り軽師団に配属されて1939年のポーランド戦に投入されたが、1940年には部隊から引き上げられ、火炎放射戦車に改装された。

Wikipedia日本語版「II号戦車」より転載

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/戦車/★2/II号D型?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 08:04:32