このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前II号自走重歩兵砲
II号自走重歩兵砲.pngドイツ
レアリティ★2
出撃数1
編成コスト1280
戦車タイプ自走砲
優先ターゲット防衛施設
攻撃範囲範囲
戦車紹介
I号自走重歩兵砲の高い評価を受け、II号C型戦車に重歩砲を搭載し改良を加えた戦車。
搭載砲は車輪を外し、脚を装備し車内に搭載された。

 

全長全高
全幅重量
最大装甲乗員
懸架方式
主砲
副武装

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
151328128049130

ゲームにおいて Edit

I号重自走砲から派生する自走砲。II号から派生するわけではない。
総ての自走砲にいえる事だが、攻撃目標の近くに配置すると範囲攻撃時に巻き込まれないように方向転換→前進→方向転換(攻撃目標)となるので注意。

元ネタ Edit

15 cm sIG 33 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf B(通称Sturmpanzer I Bison)の開発後、同じ15 cm sIG 33を搭載する自走砲として、II号戦車の車体を利用する開発計画が始まった。
当初はSturmpanzerIと同様、II号戦車の車体にそのまま砲を載せる予定であったが、試作車両の試験結果が思わしくなかったため、射撃時の安定と車高の改善のために砲を車内に納める様に再設計したところ、今度はII号戦車の車体そのままでは兵員の作業スペースが充分に取れないことがわかり、車体全体を拡張する改造が必要になってしまった。
このような紆余曲折のために開発に1年以上の期間を要したものの、1941年の末に完成した15 cm sIG 33 auf Fahrgestell Panzerkampfwagen II (Sf) (通称Sturmpanzer II Bison)は車高1.9m、車内に30発の弾薬を搭載でき、自衛用にMG34機関銃を装備するなど、全体的にSturmpanzer Iの欠点を改善したより完成度の高いものにまとまった。
しかし、砲の射角が左右5度ずつしかない、装填手が前面以外は装甲板に守られていない、エンジンが故障しやすいなど、本車両にも欠点は様々存在していた。
本車両の生産数は12輌のみとごく少数で、全車両が北アフリカ戦線に送られ、同地で全て喪失されている。
余談であるが、Bisonという非公式な通称は混乱した使われ方をしており、15 cm sIG 33 (Sf) auf Panzerkampfwagen I Ausf Bと15 cm sIG 33 auf Fahrgestell Panzerkampfwagen II (Sf) がどちらもBisonと呼ばれることがある上に、GrilleのことまでBisonとかGrille Bisonなどと呼んでいる例もある(どちらかというと誤用であろう)。

コメントフォーム Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一号自走砲とこれモーデルずっと研究員に置いても影も形も見えないんだけど未実装じゃないよね? -- 2017-07-16 (日) 16:12:19
  • 先日の桜戦車イベントで設計図拾いました。これが今のところ一番いい自走砲なのかな。 -- 2017-07-28 (金) 13:07:30
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 18:08:54