このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前SU-76
SU-76.jpgソ連
レアリティ★1
出撃数1
編成コスト820
戦車タイプ駆逐戦車
優先ターゲット防衛施設
攻撃範囲範囲
戦車紹介
76mm主砲を搭載した軽自走砲で最も多く生産されたソ連の自走砲。
中距離以上で歩兵と機甲部隊をサポートする一般的な自走砲として有用である。

 

全長4.97(m)全高2.10(m)
全幅2.72(m)重量10.80(t)
最大装甲35(mm)乗員4人
懸架方式トーションバー方式
主砲76.2mm ZIS-3Sh
副武装-

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
117364107057100

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

SU-76は、第二次世界大戦中にT-70をベースとして開発された、ソ連陸軍の自走砲である。もっとも代表的な型であるSU-76Mは1943年から第二次世界大戦後を含め16,698輌もの大量生産が行われた。

独ソ戦開始前のソ連軍砲兵部隊は、陸軍の機械化を進めていたトハチェフスキー元帥以下の大規模な粛清もあり、自走砲化されたものは少数であった。それでも、T-26軽戦車をベースにしたSU-5系列、GAZ-AA トラックをベースにしたSU-6などがポーランド軍や日本軍相手に実戦で使われたが、質量共に有効であるとは言い難かった。対戦車自走砲も皆無で、独ソ戦開始以降の1941年9月、泥縄式に小型の砲牽引車であるコムソモーレッツに57mm対戦車砲を搭載したZiS-30が開発され、実戦投入された程度であった。また、既存のT-26を改造した新たな自走砲も計画されたが、独ソ戦初期の大損失によってそれは不可能となった。しかし、包囲されていたレニングラードでは、暫定的にT-26の砲塔の代わりに大型の簡易な防盾と76.2mm連隊砲(榴弾砲)を搭載し、SU-76自走砲として生産した。これは、新たなSU-76が出現した1943年以降はSU-76Pと改名された。
ドイツとの戦いで本格的な自走砲の必要性を痛感したソ連軍は、軽(37mm高射機関砲または76.2mm野砲搭載)・中(122mm榴弾砲搭載、後のSU-122)・重(152mm榴弾砲搭載、後のSU-152)量級三種類の新型自走砲を開発することにした。このうち、軽自走砲は大量に生産されていた軽戦車の車台やコンポーネントを流用する事とし、各工場に開発を指示した。

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/戦車/★1/SU-76?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 16:50:08