このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前I号A型
I号A型.jpgドイツ
レアリティ★1
出撃数3
編成コスト430
戦車タイプ軽戦車
優先ターゲット資源・娯楽
攻撃範囲単体
戦車紹介
ドイツが訓練と生産技術の習得のためにWW1後初めて量産した軽戦車。
WW2開戦直後に実戦用戦車の数が揃わずII号戦車とともに実戦投入された。

 

全長4.02(m)全高1.72(m)
全幅2.06(m)重量5.40(t)
最大装甲13(mm)乗員2人
懸架方式リーフスプリング方式
主砲7.92mm MG13
副武装-

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
1428068066433

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

ヴェルサイユ条約によって戦車の開発を禁じられていたドイツだがLeichttraktorといった試作車を制作し、ソ連の実験場でテストを行った。
しかし、どれも制式採用には至らなかった。
1932年、開発の参考用として当時、戦車先進国であったイギリスのヴィッカース=アームストロング社より、同社製軽戦車の足回りを持つ、トラクター車台3輌が輸入された。
開発は秘匿のため「農業用トラクター(Landwirtschaftlicher Schlepper, 略号:LaS)」の偽装名称で始まった。
これは今までの欠点を踏まえた新型戦車で、ラインメタル社やクルップ社の五社に試作車を発注。
先のイギリス製輸入車両の設計に影響を色濃く受け継いだクルップ社の試作車が軍のお眼鏡に叶い、軍は更なる改良をクルップ社に命令した。その仕様は以下の通り。
農業用トラクター(LaS)の要求仕様
・全周型(360度回転)の砲塔に、二挺の機関銃を備え付けること。
・機関銃の弾丸を弾き返す装甲を備えること。
・全重量は5トンを超えないこと。
この仕様に応えるべく、クルップ社はLaSにさらに改良を重ね、翌年の1933年には改良型の1A LaS Kruppが完成する。
1934年、上部車体のない訓練用車輌が生産開始。同年7月からは戦闘室・砲塔を持つ戦車型の生産が開始された。
これらは当初、MGパンツァーワーゲン(機関銃戦車)と呼ばれたが、再軍備宣言後の1936年4月には、Sd.Kfz.101の特殊車輌番号と共に、Panzerkampfwagen I Ausf A(I 号戦車A型)の制式名称が与えられた。
I 号戦車は本来、訓練と戦車生産技術の習得を目的としたもので、すぐにPz.Kpfw. IIの開発が行われた。
機銃しか武装がなく並の戦車や対戦車砲に対抗できなかったが、I 号戦車はドイツ軍の戦車不足を補うためにオーストリア合併やスペイン内戦といったナチス初期の主な軍事行動には全て投入された。
第二次大戦開戦時、ドイツ戦車部隊の半数がI 号戦車で占められており緒戦のポーランド侵攻、フランスの戦いだけでなく、独ソ戦、北アフリカ戦線などあらゆる戦場で非力ながらも使用された。
Pz.Kpfw. IIIやPz.Kpfw. IVが補充されると、ようやく本来の用途である訓練や後方警備に回されるようになった。
また、エンジンを変更し車体を延長したB型(ゲームに登場するのはこのB型である)に続き、全く異なる設計の偵察型戦車であるC型も生産されている。
その他、Sturmpanzer I BisonやPanzerjäger Iなどの制式化された改造車両のほか、スペイン内戦においてT-26やBT-5に対抗するため、砲塔を大型化し(これがゲーム中の改良砲塔)2 cm Breda機関砲を搭載した車両など、現地改造の車両も数多く誕生している。
また、中華民国へ輸出された車両の内、4両が日本軍に捕獲された。
「クルップ軽戦車」及び「独国一号戦車」の名称で陸軍技術本部に送られ試験に供された後、ソ連戦車として靖国神社で展示されたり、陸軍で運用された記録があるという。

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/戦車/★1/I号A型?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 15:52:52