このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

画像名前一○○式観測挺進車
一○○式観測挺進車.png日本
レアリティ★1
出撃数4
編成コスト300
戦車タイプ装甲車
優先ターゲット地雷
攻撃範囲単体
戦車紹介
 砲兵用弾着観測車。
砲兵用の弾着観測機器はもとより、
データを砲側の射撃要員に伝えるために無線通信機や有線電話、
電話線敷設装置なども搭載している。

 

全長3.70(m)全高1.79(m)
全幅1.90(m)重量4.25(t)
最大装甲6(mm)乗員5人
懸架方式装軌式
主砲九七式車載重機関銃
副武装-

ステータス Edit

火力装甲射程速度連射
918258057450

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

一〇〇式観測挺進車 テレ(ひゃくしきかんそくていしんしゃ - )とは、1940年(昭和15年)に大日本帝国陸軍が採用した装軌式の砲兵用弾着観測車。「一〇〇式」の呼称は、採用年が皇紀2600年にあたることに由来する。
開発母体となったのは3年前に採用された九七式軽装甲車であるが、実際は九七式軽装甲車を母体に2年前に開発・採用された九八式装甲運搬車の車体を流用して開発された。
砲兵用の測距儀や方位盤等の弾着観測機器はもとより、データを砲側の射撃要員に伝えるために無線通信機や有線電話、電話線敷設装置なども搭載している。また砲弾の弾道に影響を与えうる風向、風速の観測も任務に入る。乗員は基本的に操縦手、前線観測指揮官、照準兵、観測兵、無線通信兵の5名だが、最高で8人まで乗ることが出来る。車体形状は前述のように九八式装甲運搬車に準じているが、戦時中には車体前部を直線的にし、生産性を向上させた簡易生産型も作られている。
なお、資料によっては「一式観測挺進車」として、同じ九七式軽装甲車派生型の砲兵観測車を紹介するものもある。また、試製九七式観測挺進車として1936年〜1938年に3形式が試作されたとする史料もあるが、本車との関係は明示されていない。

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/戦車/★1/一○○式観測挺進車?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-12 (水) 16:35:22